コンドロイチンとグルコサミンの違い

変形性膝関節症(関節痛)に効果のあるコンドロイチンサプリメント

コンドロイチンとグルコサミンの違い

CMなどでよく見かけるコンドロイチンとグルコサミンですが、その違いって何だか知ってる人って少ないのではないかと思います。

どちらも同じように関節痛の予防や緩和に効果があり、老化によって起こる変形性の関節症の治療にも用いられるものですが、詳しく見ていくと大きな違いがあるようです。

グルコサミンはアミノ酸の一種で傷ついた軟骨を再生したり、関節痛の痛みを和らげる効果があります。カニやエビなどの甲殻類の殻に多く含まれると言われてますが、なかなか食べることのない部分ですから、食品で補うのは難しそうです。

コンドロイチンはムコ多糖類の一種で、軟骨以外にも皮膚や目の粘膜などにも存在し、水分を保持する役割を担っており、軟骨を分解する酵素の働きを抑制する効果があります。

納豆やオクラのようなネバネバした食べ物に多く含まれているといいますが、これもまた食品だけで補うのはちょっと難しそうです。ということから簡単に言ってしまうと、グルコサミンは軟骨を作り、コンドロイチンはその軟骨のクッション材という感じでしょうか。

よくワンセットで関節痛には、と言われるグルコサミンとコンドロイチンですが、実際には似てて非なるものなんですよね。

詳しく知らない人が知らないままサプリメントなどを飲んでいると、改善や緩和や予防を求めている対象に対して、効果を発揮しないかもしれないです。

心配であれば自分で調べてみるのもいいかもしれませんが、薬局などで薬剤師さんに相談してみるというのもいいかもしれませんね。