変形性膝関節症にはコンドロイチン

変形性膝関節症(関節痛)に効果のあるコンドロイチンサプリメント

多くの方が苦しむ変形性膝関節症

50代以降の女性に多いと言われている膝の痛み。膝関節の軟骨がすり減り、炎症を伴うこの痛みは、変形性膝関節症と診断されるケースがほとんどのようです。

悪化すると堪えがたい痛みとなり日常生活に支障を来すだけでなく、外出も困難になる上に運動量の減少による肥満を引き起こすことにも繋がり、精神的にも肉体的にも悪影響を生む症状です。

この膝の痛みを改善する第1の方法は、何よりもまず適度な運動。これに尽きます。

変形性膝関節症の原因は様々ですが、骨と筋力の弱まりに加えて増加した体重が原因になっていることが考えられます。年をとるにしたがって肥満体型になっていくと体重は増えるのに骨や筋力は弱っていく。当然膝周りの筋肉も落ち、その膝で体重を支えるので負担が重く膝の関節に不具合が出る。

それでは、痩せていれば変形性膝関節症にならないのかというと、そう単純な話でもないようです。加齢に伴い体内の水分が減ると軟骨成分の柔軟性や弾力性が失われ、動かすときに負担がかかるということもあるのです。

さて痛みの改善方法である適度な運動ですが、適度な運動とは言っても、軽く歩くだけでも膝が痛む方には大変な苦痛ですし、失われた水分が運動で戻ってくる訳ではありません。それでも、変形性膝関節症の痛みを取るのは、ごく軽くでも膝を動かし筋力を鍛え、血流を良くすることが大事なのです。

それでも、変に動かすと余計に痛くなりそうで嫌だという方は、コンドロイチンのサプリメントを活用して様子を見ることをお勧めします。まずは体内からのアプローチで痛みを少しでも抑え、そして少しずつ活動的になっていけば、事態はどんどん好転していくでしょう。

コンドロイチンがたっぷりだから効果大

ここでは、変形性膝関節症でお悩みの方に、優れた効果を発揮するコンドロイチンのサプリメントをご紹介したいと思います。それは、ドクターズチョイスのN-アセチルグルコサミン&コンドロイチンです。

なぜ数あるサプリメントの中でもドクターズチョイスがおすすめなのかと言うと、変形性膝関節症の痛みを和らげるコンドロイチンがしっかりたっぷり配合されているからなのです。

実は、日本国内の膝痛対策用のサプリメントはコンドロイチンをないがしろにしているものが多く、これでは痛みが軽減する訳がないと思えるようなものもごく普通に販売されているのです。

膝などの関節痛に効果があると言われているグルコサミンの量は1,000㎎~1,500㎎、コンドロイチンの量は800㎎~1,200㎎が必要だとされています。

しかし、よく通販番組などでお目にかかるような有名なサプリメントでも、成分を見てみるとコンドロイチンに相当すると思われるサメ抽出成分というものが200㎎か300㎎というのがほとんど。

もちろん、サメ由来の抽出成分というのはコンドロイチンと表記されている訳ではありませんから、純粋に表示されている成分のコンドロイチン量を摂取できる訳ではありません。

それだけ「コンドロイチンは生産コストがかかる」ということが伺えるのですが、コンドロイチンには痛みを感じさせる発痛物質を吸着し除去するという大事な効果・効能を持っており、コストがかかり過ぎるからと言ってないがしろにするべき成分ではありません。

コンドロイチンが足りなければ、痛みを取るという目的が果たせないと言っても過言ではないのです。

なお、ドクターズチョイスの変形性膝関節症対策サプリメントは、コンドロイチンが1,100㎎配合されています。それも、加齢に伴って失われる体内のコンドロイチンの種類と同じである、コンドロイチン4硫酸が配合されているため、足りないものを効率よく摂取できるようにできているのです。

痛みに効くのはコンドロイチン。加齢と共になくなるのはコンドロイチン4硫酸。そしてそのコンドロイチン4硫酸を必要十分量に摂取できるのが、ドクターズチョイスのN-アセチルグルコサミン&コンドロイチンなのです。

コンドロイチンサプリの選び方

痛みを取り除くのに有効な成分はコンドロイチンだと言っても、グルコサミンサプリメントの力で痛みが軽減したという方もいるでしょう。しかし、グルコサミンは関節痛の初期の段階では症状が改善されたと言う臨床結果がある一方、重い症状ではほとんど効果がなかったという臨床結果もあるようです。

よって、グルコサミンが膝に良く効いたというのなら、考えられるのは症状が比較的初期だった場合です。それにもし、グルコサミンの含有量が1,000㎎以下のサプリメントを飲んだ効果だとしたら、いわゆるプラシーボ効果で痛みが取れたと考えて良いのではないでしょうか。

サプリメントはプラシーボ効果を期待して販売されているという側面もあり、それはつまり、医学的に効果は認められなくても、一定の割合で思い込みで症状が改善するという事実に期待しているのです。

サプリメントはあくまで栄養補助食品であり、効率良く特定の栄養を摂取できる食品です。だからこそ、特定の疾患や疾病を治癒する働きがあるとは宣伝できないようになっています。そう考えると、『悩んでいる症状が改善できる』と思わせるような説得力こそがサプリメントの価値とも言えます。

ところが、グルコサミンやコンドロイチンの場合はどうでしょう?

グルコサミンは確かにまだサプリメントとしての扱いですが、コンドロイチンは既に医薬品が開発されています。それでも、多くの膝関節痛対策サプリは、なぜかグルコサミンばかりをプッシュしていて、重要成分であるコンドロイチンを十分に配合していないのです。

これでは、消費者の無知に付け込んでいると言っても過言ではないでしょう。

だからこそ、例えコストがかかったとしてもコンドロイチン4硫酸を1,100㎎配合し、わざわざ手間をかけて酵素の力を使い、人が吸収しやすいN-アセチルグルコサミンという形にして販売しているドクターズチョイスのN-アセチルグルコサミン&コンドロイチンをおすすめしたいのです。

サプリメントは確かに栄養補助食品です。しかし、消費者の期待に応える効果・効能を持っていて欲しい。膝関節痛対策用のサプリメントをお探しならば、是非コンドロイチンの含有量に注目してください。

グルコサミン 通販